このメニューではリボルビング払いについてお届けしています。
毎月定額支払のリボ払いが一般的

毎月定額支払のリボ払いが一般的


毎月定額支払のリボ払いが一般的
すでに世界的に一般的となったクレジットカードですが、複数枚持つことでさらにお得となります。
クレジットカードで支払いをするものに対し異なるクレジットカードを使用すれば、上手にポイントを貯めていくことが出来るのです。 リボルビング支払は最も注意をして利用する必要があるクレジットカードの支払方法と言えるでしょう。
リボルビング支払いにおきましては毎月の支払金額を予め決めることとなるので、残高が増えたとしましても支払金額はあまり変わらないという特徴があります。

リボルビング支払いは手数料負担が比較的大きくなっていることや残高が増えてしまっていることに気付きにくいことがあります。
全ての支払いをリボルビング支払いで決済をしますと、手数料負担が非常に高くなってしまうのでご注意ください。

高額利用だけリボルビング払いにとどめ、1回払いの二次的な支払方法として選ぶと良いでしょう。
様々な支払い方法を上手に選びクレジットカードをお得に利用しましょう。



毎月定額支払のリボ払いが一般的ブログ:20210124

未熟児で生まれたあたくしは病弱で、
小学校に入るまでは病院と縁が切れず、
入退院をくり返していた。

歌が得意なあたくしは、
ベッドの上でおもちゃのピアノを叩いては歌い、
看護婦さんに飴やチョコをもらっては、
上機嫌だったと母親に聞かされた。

「三つ子の魂百まで」と言うけれど、
あたくしのピアノ好きはその頃から始まったらしい。

あたくしは戦後の混乱の中で小学校に入学した。
先生のピアノ伴奏に合わせて歌いながら
あたくしもピアノがほしい、
弾けるようになりたいとずっと思っていた。

しかし敗戦後の衣食住にもこと欠く時代のこと、
バラック住まいのあたくしの家にピアノは高嶺の花だった。

あたくしが高校生になって間もない頃、
同じコーラス部に席を置く仲間の家に遊びに行った。

応接間に黒塗りのピカピカのピアノが鎮座し、
仲間が「弾いてもいいよ」と鍵を開けてくれた。

あたくしは学校にある壊れかけたオルガンで練習していた
「春の小川」を両手で弾いてみたが、
あたくしの春の小川はさらさら行かなかった。

仲間の家で恐る恐る触れた鍵盤のひんやりと冷めたい感触と、
腹にズンと響く重い音が、ピアノへの憧れを一層募らせた。

興奮さめやらぬあたくしは
その真夜中、父親にピアノを買ってほしいと懇願した。

父親は一瞬、困惑した表情をみせたが…

「この狭い家にピアノを置く場所が何処にある。
ピアノを弾く暇があったらもっと母さんの手伝いをしろ!」

吐き捨てるように言うと
父親は乱暴に障子を開け部屋を出て行った。

あたくしは唇をかみしめ、
父親の少し痩せて小さくなった背中を見送った。
それ以後、ピアノの事は一切口にしなかった。
毎月定額支払のリボ払いが一般的

毎月定額支払のリボ払いが一般的

★メニュー

いつでもどこでも資金調達が出来る
今人気の楽天が発行しているクレジットカード
渡航先で役立つクレジットカード
毎月定額支払のリボ払いが一般的
クレジットカードを持つだけで海外旅行保険が付帯
クレジットカードは信用で後払いが可能
現金主義よりもクレジットカードが当たり前になる
世界どこでも利用出来る国際ブランド
なるべく損をしないで支払いをすることが大切
振込詐欺のような悪質行為に注意


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)進め!噂のクレジットカード情報