クレジットカードを持つだけで海外旅行保険が付帯

現在発行されているクレジットカードのほとんどは国際ブランドと提携をして発行されています。
つまり日本国内はもちろんのこと、世界中でクレジットカードを使用して支払いをすることが出来るのです。 海外旅行傷害保険はクレジットカードが海外でも利用することの出来る国際カードとなってから付帯されるようになりました。
それまでは日本で発行されるクレジットカードの多くが国内利用だけに限られていたので保険が付帯されることが無かったのです。

 

1970年代の途中から国際ブランドとして提携した国際カードが多く発行されるようになってきました。
さらに海外旅行向けサービスの一貫としまして、海外旅行保険が自動的に付帯されるようになったのです。

 

クレジットカードに付帯されている海外旅行傷害保険の特長としましてはクレジットカードを持っている限り何度でも適用されるということです。
さらなる補償を求めているのでしたら、ワンランク上のクレジットカードを作るようにしましょう。



クレジットカードを持つだけで海外旅行保険が付帯ブログ:20210114

「三日間で7キロやせた!」とか
「1ヶ月でモデル体型に!」という文字を見つけると、
つい試したくなってしまいますよね。
ミーも何度試したことか…

そのような話題になるシェイプアップの中で、
多くの人がやったことがあるのが
「単品シェイプアップ」ではないでしょうか?

「バナナシェイプアップ」「りんごシェイプアップ」
「こんにゃくシェイプアップ」…などなど
あなたも、もしかすると1つくらい
挑戦したものがあったりしませんか?

単品シェイプアップは、
「ある食品以外絶対食べない」というシェイプアップ方法ですから、
栄養面から見ると体に悪そうというイメージはありますよね。

それでも、次々に新しい単品シェイプアップが話題になるのは
なぜだかわかりますか?

それは、とにかく一時的にでも体重が落ちるため、
「シェイプアップが成功した」と錯覚してしまうからなんですよね。

でもそれは、
「シェイプアップが成功した」のではなく、
単に栄養失調になっているだけ!

生命を維持していく栄養が足りなくなってしまうため、
極端に言えば、命にもかかわりかねない、
非常に危険なシェイプアップなんじゃないでしょうか?

そこまで深刻な状態にならなかったとしても、
体は栄養失調状態となるため、
食べ物が少しでも入ってきたらすぐため込んでしまい、
リバウンドしてしまうのです。

しかもストレスもたまってしまうため、
体自体に異変を起こすことも考えられます。

このように単品シェイプアップは危険なので、
できれば、やめておいた方が良いと、
ミーは思います。


このページの先頭へ戻る