クレジットカードを持つだけで海外旅行保険が付帯

現在発行されているクレジットカードのほとんどは国際ブランドと提携をして発行されています。
つまり日本国内はもちろんのこと、世界中でクレジットカードを使用して支払いをすることが出来るのです。 海外旅行傷害保険はクレジットカードが海外でも利用することの出来る国際カードとなってから付帯されるようになりました。
それまでは日本で発行されるクレジットカードの多くが国内利用だけに限られていたので保険が付帯されることが無かったのです。

 

1970年代の途中から国際ブランドとして提携した国際カードが多く発行されるようになってきました。
さらに海外旅行向けサービスの一貫としまして、海外旅行保険が自動的に付帯されるようになったのです。

 

クレジットカードに付帯されている海外旅行傷害保険の特長としましてはクレジットカードを持っている限り何度でも適用されるということです。
さらなる補償を求めているのでしたら、ワンランク上のクレジットカードを作るようにしましょう。



クレジットカードを持つだけで海外旅行保険が付帯ブログ:20210504

減量中は食生活に気をつける…
これはもはや常識になっていますよね。

しかし
「どういった食事をとるか?」ということに関しては
きちんと注意を払っていたとしても、
「どういう順番で食事をとるか?」ということには
注意を払っていない人も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

実は、食事の食べ方によって、
減量は大きく左右されるんですよ!

まず
ライスや食パンといった炭水化物主体の食べ物から
手をつけることは、控えた方が良いみたいです。

炭水化物というのは、
血糖値を急激に上げてしまう効果があります。

血液内に糖分が急激に入ってくると、
インスリンと呼ばれるホルモンが大量に分泌をします。

そして血液中に入ってきた糖分を
脂肪という形で体の中に貯蔵することで、
血糖値を下げようとするわけです。

ですから、同じ食事でも
いきなりライスや食パンから手をつけてしまうと
より脂肪をため込みやすくなってしまうわけです。

なので、食事の中に野菜があるなら、
まずは野菜から食べるように心がけましょう。

野菜から摂取すれば、
血糖値の急激な上昇も抑えることができますよ。

次に、脂肪やたんぱく質を多く含む料理、
肉料理や魚料理を食べるようにしましょう。
たんぱく質は筋肉を作るもとですから、
減量には欠かせませんもんね。

そして、その次に初めて、
ライスや食パンといった炭水化物を摂取するようにすると、
減量に効果的な食べ方の順番ということになります。

野菜、肉もしくは魚、最後にライスや食パンというのを
一つのサイクルとします。
このサイクルを繰り返していくように意識するだけで、
減量の成果は大きく変わるみたいですよ!


このページの先頭へ戻る